レインディア   

もくレン」好評受付中!6ヶ月~4歳頃までのお子様向け木のおもちゃをレンタル。1年4回で19,980円(税込・送料込)

もくレン お客様の声」を開設しています。

Stressless® バナー

Entries

日本テレビ「世界一受けたい授業」にチョットだけ出演

皆さん、お久しぶりです。私の書き込みは2週間振りくらいですかね?

本当にスミマセン。社長の藤原です。

最近、もう!とってもとっても忙しいです。残業しても仕事が終わって帰る日はここの所ありません。
毎日仕方なく仕事を残して帰る日々でして、ブログの更新は気になりつつも後回しになってしまってます。

しかし、今朝は昨日のテレビ番組出演にに関してコメントも頂きましたし、夜になってしまいましたが、少しだけでも
ブログを書こうと思います。

3週間位前から、「東京出張の話は後回し」になってましたが、実はこの内容が日本テレビの「世界一受けたい授業」の撮影の話でした。個人的にもとっても楽しい思い出であり、ブログではいの一番に報告したかったのですが、ブログで書くと「番組告知」になる可能性もあり、そうすると日本テレビさんに事前に内容のチェックをしてもらう必要が出てきます。その為、番組放映前には会社として何も言わない事にしたのでした。

ま、お店に来た方々には我慢できなくて喋ってましたけどね(笑)

でも、昨日の放送時間の時、久々の飲み会に誘われ焼き鳥屋さんに居ました。ワンゼグ携帯の小さなテレビで番組を見ていたのですが、写ったのは本当一瞬でしたね。浮かれて告知をしなくて良かったかもしれません。
今日、お店に立っていてもその話題に触れるお客様はおられませんでしたし、ちょっと残念です。

しかし、色々な芸能人に出会えてマジックホイールを教えられた事は素晴らしい経験でした。
堺正彰さんやくり~むしちゅうのお二人、ほしのあきさんやはるな愛さん、次長課長さんや富永愛さん、加藤雅也さんに渡辺徹さん、奈美悦子さんに吉高由里子さんまで居られましたから、正に超ゴールデンですよね。

でも、私が一番感動したのは、そのコーナーの先生であった赤池学先生でした。
スタジオでお目にかかった時、直ぐに寄っていき名刺を渡して握手してもらいました。このブログを読まれている多くの方にはなじみの無い方だと思いますが、この赤池先生の仕事や係っている事業は正に私のビジネスと直接関わりがある事ばかりなのです。都市開発やユニバーサルデザイン、キッズデザイン賞等、弊社のビジネスの頂点にある部分に全て係っている方なんですね。
こういうのも運命だと思い、握手をさせて頂いたのですが、イメージと違い、本当に腰の低い優しそうな人でした。

今回の出張は日本テレビ企画さんより、飛行機代からホテル代まで全て手配して頂き、おまけに出演料まで頂けたので、とっても幸せでした。

詳しい収録の様子に興味のある方は是非お店で私に声をかけてくださいね。色々言えない舞台裏のお話をしますよ(笑)
ま、と言ってもトヨタ自動車が作った乗り物が実は危険だという話や、その企画担当のおっさんが態度が悪かった話などになるので、トヨタの大好きな方は聞かない方が良いかもしれませんね(笑)

ま、それは冗談ですが、芸能人の方々の様子や、如何に吉高由里子さんが可愛かったかという話を用意してます。
時間があったらブログでも又紹介しますね。

さて、今日も22時半になりそうなので、この辺で帰宅します。
それでは皆さん又後日。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://reindeer2005.blog88.fc2.com/tb.php/218-fe82cbdc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

web拍手

Appendix

プロフィール

レインディア

Author:レインディア
〒683-0051鳥取県米子市勝田町334
TEL:0859-33-2007
レインディア公式サイト
もくレン お客様の声
ネットショップ
木のおもちゃのレンタルプログラム「もくレン」
リンクバナーです。ご利用ください
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
育児ブログ・ランキング

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
532位
アクセスランキングを見る>>

Twitter on FC2

検索フォーム

QRコード

QRコード